2019年度 研究会開催記録


◎第63回定例研究会

 日時:2020年1月11日(土)14:00~17:00
 場所:青山学院大学青山キャンパス7号館720教室
 司会:那須輝彦(青山学院大学)
 内容:研究発表4件
 1.  音楽評論家の言説は信頼し得るのか
    野村光一における事実の捏造と歪曲
    畑山 千恵子(東日本支部)
 2.  アジアの現代音楽における間文化性の再考
    ——ホセ・マセダの晩期における文化的実践を事例に——
    李 惠平(東京藝術大学)
 3.  音楽史における新即物主義のリヴァイヴァル
    ——アドルノによる音楽論の「修正」を通して——
    千葉 豊(東京藝術大学)
 4.  G. フォーレ《レクイエム》の1888年初演と1890年代の再演をめぐって
    ——C. ブノワが語る19世紀末のミサ曲と演奏——
    林 直樹(一橋大学)

◎第62回定例研究会

 日時:2019年12月14日(土)13時30分〜17時
    *開始時刻が通常と異なりますので、ご注意ください。
 場所:宮城教育大学2号館210教室
 司会:福中冬子
 内容:研究発表1件、シンポジウム
 1. 研究発表
   「ショパンのピアノ作品における単旋、オクターヴ、総休止を介したコミュニケーション
    ——《バラード》、《ファンタジー》、《ポロネーズ・ファンタジー》の場合——」
   林 香里(武蔵野音楽大学大学院)
 2. シンポジウム 「音楽を競技する:コンクールを考える」
   コーディネーター:小塩 さとみ(宮城教育大学)
   パネリスト:神保 夏子(日本学術振興会特別研究員PD・東京大学)
         丹野 裕子(非会員:公益財団法人仙台市市民文化事業団音楽振興課)
         増野 亜子(東京藝術大学非常勤講師)
         宮入 恭平(非会員:国立音楽大学非常勤講師)
   *研究会終了後、懇親会を行いますので、そちらにもどうぞご参加ください。
    人数把握のため参加くださる方はできるだけ東日本支部事務局にメールにてご連絡ください。
    仙台駅近くで18時ごろから開催予定です。

発表要旨はこちら

◎第61回定例研究会

 日時:2019年9月21日(土)14:00~16:00
 場所:玉川大学教育棟2014 606教室
    *小田急線・玉川学園前より徒歩5分。駅から見える正門前のギリシャ神殿風の校舎6階。エレベーターを降りてまっすぐ奥の教室。
 内容:渡辺 裕先生講演会(例会委員会企画)
 講演題目:「わたしの方法」

◎第60回定例研究会

 日時:2019年7月6日(土)14:00~17:00
 場所:国際基督教大学本館402号室
 司会:伊東 辰彦(国際基督教大学)
 内容:修士論文発表5件

  1.『フレスコバルディの《カプリッチョ集》(1624)における掛留の使用について
    ――アフェクト表現との結びつき――』
   原 晶穂(東京藝術大学大学院)
  2.『C. W. グルックとウィーン宮廷劇場におけるオペラ・コミック導入』
   坂巻 彩華(慶應義塾大学大学院)
  3.『G.ヴェルディによる歌劇のシェーナにおける旋律の役割
    ――歌劇『シモン・ボッカネグラ』(1881)第1幕から3つの二重唱の分析――』
   林 いのり(お茶の水女子大学大学院)
  4.『オペラ実践についてのニューマンの音楽批評
    ――1920年代から1950年代のイギリスにおいて――』
   酒井 三緒(お茶の水女子大学大学院)
  5.『明治・大正期の日本におけるサン=サーンス受容――洋楽受容の新たな側面――』
   三輪 華加(明治学院大学大学院)

◎第59回定例研究会

 日時:2019年6月8日(土)14:00~18:00
 場所:大東文化会館1階ホール
  〒175-0083 東京都板橋区徳丸2-4-21
  TEL:03-5399-7399
  東武東上線東武練馬(大東文化大学前)駅徒歩5分 スクールバス乗り場

 担当:上尾 信也(上野学園大学)
 内容:シンポジウム
    『音楽コミュニティとマイノリティ――多文化共生の実践と課題――』
 コーディネーター:井上 貴子(大東文化大学)

 パネリスト、発表内容:
  1.ヒュー・デフェランティ(東京工業大学、ゲスト)
    「日本人と他民族および「同質的」受入社会とのかかわり
     ――戦前の在オーストラリア日系人の音楽舞踊を中心に――」
  2.宍倉 正也(恵州学院、ゲスト)
    「多文化共生へ向けた音楽コミュニティの可能性――小笠原の事例を通して――」
  3.井上 貴子(大東文化大学)
    「言語、カースト、宗教的アイデンティティの交錯
     ――首都圏の南インド系住民による音楽活動とコミュニティ形成――」
  4.斎藤 俊輔(大東文化大学、ゲスト)
    「群馬県大泉町における在日ブラジル人文化の受容、そして現在
     ――外国人の集住が地域社会の文化形成に与える影響――」
  5.サワン・ジョシ(東京藝術大学音楽学部楽理科非常勤講師、ゲスト)
    「在日ネパール人のアイデンティティ形成とその受容
     ――複数民族の音楽を通じた文化的活動の視点から――」
  6.米野 みちよ(東京大学、ゲスト)
    「共生をめぐる音楽コミュニティのエージェンシー――在日フィリピン人のど自慢大会――」
 討論者:早稲田みな子(東京藝術大学)

◎第58回定例研究会

 日時:2019年5月11日(土)14:00~17:00
 場所:東京大学駒場キャンパス アドミニストレーション棟 学際交流ホール
 司会:ヘルマン・ゴチェフスキ(東京大学)
 内容:修士論文発表5件

  1. 『J.ブラームス《51の練習曲》WoO 6 に関する研究――保持音を中心に――』
   中谷 路子(お茶の水女子大学大学院)
  2. 『ヨーゼフ・ガブリエル・ラインベルガーのオルガン協奏曲
    ――作曲背景の考察を中心に――』
   田川 真由(青山学院大学大学院)
  3. 『明治から戦前の北海道における鍵盤楽器の役割について
    ――教育現場におけるリードオルガン及びピアノの事例を中心として――』
   武田 有里(国立音楽大学大学院)
  4. 『室内楽セミナーにおける指導の実際と学びの場としての意義
    ――事例分析と聞き取り調査を通して――』
   杉山 まどか(東京藝術大学大学院)
  5. 『ボリビア民族オーケストラのセミプロ・コミュニティ化――21世紀のクリオーリョ音楽――』
   牧野 翔(東京藝術大学大学院)

◎第57回定例研究会

 日時:2019年4月27日(土)14:00~16:30
 場所:東京藝術大学音楽学部5号館109室
 司会:植村 幸生
 内容:修士論文発表4件

  1. 『バレエ・リュスの音楽における虚像としての「オリエント」表象
    ――《クレオパトラ》の制作を巡って――』
    鈴木 和音(成城大学大学院)
  2. 『ドビュッシーと《雅やかな宴 Fêtes galantes》
    ――ヴェルレーヌの詩に喚起されたイマージュの音楽表現――』
   高徳 眞理(国立音楽大学大学院)
  3. 『ムツィオ・クレメンティの音楽ビジネスと創作活動
    ――ピアノフォルテ製造業の視点から――』
   菅原 修一(武蔵野音楽大学大学院)
  4. 『ゼレンカのザクセンにおける伝承
    ――《Missa Sancti Spiritus》の資料的系譜と18世紀中葉のライプツィヒにおける演奏実態――』
   松橋 輝子(東京藝術大学大学院)

■特別研究会

 日時:2019年4月20日(土)14:00~16:45
 場所:東京藝術大学音楽学部 第6ホール
 司会:福中冬子(東京藝術大学)
 内容:ベルリオーズ没後150年記念講演+演奏会

 講演題目:「ベルリオーズの《夏の夜》――その美学的・歴史的コンテクストの中で」
 講演者:ジャン=ピエール・バルトリ(パリ第4大学教授)
 通訳:上田泰史(東京藝術大学)
 出演:照屋正樹(ピアノ、ゲスト)、浜田理恵(ソプラノ、ゲスト)、吉田浩之(テノール、ゲスト)
 曲目:《夏の夜》 H81
    《アイルランド》H38 より〈美しき旅人〉〈散文による哀歌〉

2018年度 研究会開催記録


■第56回定例研究会

 日時:2019年3月16日(土)14:00~17:00
 場所:昭和音楽大学南校舎A214教室
 司会:佐藤 望(慶応義塾大学)

 〈研究発表〉
 「ヘルマン・クレッチュマーによるリーデル合唱団のレパートリーとプログラム構成方法」
 工藤真司(東京藝術大学)

 角倉一朗先生 講演(例会委員会企画)
 題目 「バッハ研究余録」
 内容
 1)作品などの発見:BWV初版以後に発見された作品や自筆譜の情報について報告します。
 2)バッハとドレースデン:バッハとドレースデンの関係を整理し、「ロ短調ミサ曲」の目的を再考します。
 3)図書館の自筆譜:ベルリン、パリ、ロンドンで先生がご覧になったバッハ自筆譜の思い出をお話しくださいます。

■第55回定例研究会

日時:2019年1月12日(土)14:00~17:00
場所:東京藝術大学音楽学部1-3-8室
司会:沼野 雄司(桐朋学園大学)
内容:シンポジウム『21世紀のプロコーフィエフ ――ロシア音楽研究の新しい展望――』
コーディネーター:一柳富美子(和光大学)
パネリスト、および発表題目:
 1.一柳富美子
   「声楽作品におけるプロコーフィエフの技巧」
 2.山本明尚(東京藝術大学)
   「最初期ソヴィエト連邦のプロコーフィエフ受容とその意義」
 3.野原泰子(武蔵野音楽大学)
   「プロコーフィエフ、山田耕筰、そしてスクリャービン
    ――2人の若き作曲家たちのスクリャービンへの眼差し」
 4.長瀬賢弘(ゲスト、東京藝術大学)
   「プロコーフィエフ・ピアノ作品全曲演奏の中間報告」
 5.菊間史織(西日本支部)
   「《石の花》の連鎖から見たプロコーフィエフ晩年のバレエ
    ――地底の庭への憧憬をめぐって」

■第54回定例研究会

日時:2018年12月8日(土)13:20~16:50
    *開始時刻が通常と異なりますので、ご注意ください。
場所:国立音楽大学 3号館114室
内容:ワークショップ
   「音楽形式論再考:Caplin, Hepokoski, Websterを読む(演じる)」
司会・コーディネーター:伊東辰彦(国際基督教大学)
パネリスト:沼口 隆(国立音楽大学)、石井 明(慶応義塾大学)、平野 昭(東日本支部)

■第53回定例研究会

日時:2018年9月29日(土)14:00~17:00
場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス 第8校舎811教室
司会:佐藤 望(慶応義塾大学)
内容:修士論文発表、研究発表
 〈修士論文発表〉
  1.薩摩琵琶の音楽構造――鶴田流を中心に――
    曽村 みずき(東京藝術大学大学院)
  2.ドビュッシーのクラリネット用法の独自性と《第一狂詩曲》
    ――従来の管弦楽法との比較を通して――
    竹内 彬(東京音楽大学大学院)
 〈研究発表〉(発表順未定)
  1.革命の道具としての西洋楽器
    ――文化大革命期における模範劇の創作と受容の再検討 ――
    滕 束君(東京大学)
  2.18世紀における音楽と「生命科学」の関わり ――アルモニカをめぐって――
    田村 治美(国際基督教大学)

■第52回定例研究会

日時:2018年7月28日(土)14:00~17:00
場所:札幌大谷大学 響流ホール
司会・コーディネーター:千葉 潤(札幌大谷大学)
内容:シンポジウム「冷戦時代の音楽を考える」
パネリスト、および発表題目
 1.福中冬子(東京藝術大学)
   「西側モダニズムからみた冷戦」
 2.沼野雄司(桐朋学園大学)
   「「戦場」としての日本音楽界」
 3.梅津紀雄(工学院大学)
   「文化的覇権と文化的プレゼンス:ソ連から見た文化冷戦」
 4.千葉 潤(札幌大谷大学)
   「ソ連非公式音楽にとっての冷戦」

■特別研究会 【要事前申込*】

(主催:明治学院大学文学部芸術学科・言語文化研究所、近衞音楽研究所)
日時:2018年7月28日(土)13:00~17:00
場所:明治学院大学白金キャンパス アートホール

コーディネーター:三枝まり(小田原短期大学)、和田ちはる(明治学院大学)

内容:「生誕120周年記念 近衞秀麿 再発見」
1.シンポジウム
モデレーター:岡部真一郎(明治学院大学)
パネリスト:三枝まり(小田原短期大学)、楢崎洋子(武蔵野音楽大学)、西原 稔(桐朋学園大学)、岩野裕一(ゲスト、編集者・音楽ジャーナリスト)、近衞 一(ゲスト、近衞音楽研究所)、藤田由之(ゲスト、音楽評論家)、水谷川忠俊(ゲスト、近衞音楽研究所)
2.トークコンサート  演奏者:水谷川優子(ゲスト、チェリスト)、マーク・ゴトーニ(ゲスト、ヴァイオリニスト)、黒田亜樹(ゲスト、ピアニスト)
☆パネル展示:2018年7月23日(月)~ 7月28日(土)【申込み不要】
場所:明治学院大学パレットゾーン白金2階 インナー広場
https://konoyefoundationof.wixsite.com/mysite-1/event

■第51回定例研究会

日時:2018年6月9日(土)14:00~17:00
場所:武蔵野音楽大学江古田キャンパス S502
司会:沼野 雄司(桐朋学園大学)
内容:修士論文発表5件

1.1920~30年代の中国における西洋音楽出版
――柯政和と中華楽社を中心に――
鄭 暁麗(東京藝術大学大学院)

2.グィド・アドラーの様式論再考
――音楽学体系における美学の位置――
小川 将也(慶應義塾大学大学院)

3.ジュール・マスネ《ラオールの王》(1877)
――スペクタクル要素への作曲家の貢献――
小林 佳織(青山学院大学大学院)

4.江戸中期の儒学者による音楽文化批判と荻生徂徠
中川 優子(東京藝術大学大学院)

5.フォーレ歌曲において《ヴェネツィアの5つの歌》が占める位置について
――詩の音楽化という観点から――
高橋 知里(東京芸術大学大学院)

■第50回定例研究会

日時 : 2018年5月12日(土)13:30~16:30
    *開始時間が通常と異なりますので、ご注意ください。
場所 : 青山学院大学 青山キャンパス 7号館2階720教室
司会:那須 輝彦(青山学院大学)
内容:修士論文発表5件

1.ムーツィオ・クレメンティの《グラドゥス・アド・パルナッスム》Op.44再考
――音楽家、実業家、教育者としての活動から見るその「多様性」の意味――
今関 汐里(東京芸術大学大学院)

2.ショパンの《12のエチュード》Op.10およびOp.25における「響き」
――10度音程と逸脱的表現との関係から――
林 香里(武蔵野音楽大学大学院)

3.七月王政期バレエの創作プロセスにおける台本作家・振付家・作曲家の連携とバレエ音楽の転機
高島 登美枝(東京藝術大学大学院)

4.体系的演奏理論としてのリーマンのフレージング理論
――和声論及び拍節論の統合プロセスを中心に――
池崎 友基(慶應義塾大学大学院)

5.バルトーク作曲《ピアノ・ソナタ》BB88第3楽章の研究
木村 優希(お茶の水女子大学大学院)

2017年度 研究会開催記録


■第49回定例研究会

日時:2018年1月20日(土) 14:00~17:30
場所:明治学院大学 白金キャンパス 2201教室
司会:岡部真一郎(明治学院大学)

内容:
〈研究発表2件〉14:00~15:25
1.「教会音楽」と「宗教音楽」―アルベルト・ゲレオン・シュタインの教会音楽論
清水康宏(東京大学大学院)
2.国際音楽コンクールと戦後日本
―西洋音楽演奏文化における「高度成長」とその背景―
神保夏子(日本学術振興会/東京大学大学院)

〈海老澤 敏先生 講演会〉(例会委員会企画)15:40~17:30
「回想:日本音楽学会と私、そして私の専門分野」



■第48回定例研究会

日時:2017年12月16日(土)14時〜17時30分
場所:秋田大学 教育文化学部2号館1階 音楽演奏室
司会:朝山奈津子(弘前大学)

内容:研究発表3件、ゲスト講演
〈研究発表〉
1.《白鳥の歌》〈ドッペルゲンガー〉D957-13に見られる「属7の和音」の変容と転義
―F.シューベルトにおける多義的和声の展開―
今野哲也(国立音楽大学)

2.“Do you wanna hear some more?” : マドンナ「コンフェッションズ・ツアー」(2006)の
「ラッキー・スター / ハング・アップ」における 間テクストおよびナラティヴ戦略
友利 修(国立音楽大学)

3.「中世ヨーロッパにおける楽器製作のrenovatio~金管、鍵盤、弓奏…への推測」
上尾信也(上野学園大学)

〈講演〉
「アルヌール・グレバン『受難の聖史劇』の諸写本に見る様々な音楽」
黒岩 卓(ゲスト、東北大学)



■特別研究会(主催:科学研究費補助金(「同時代性」の探究:思想史・芸術学・文化ポリティクスからの複合的アプローチ))

日時:2017年11月18日(土)10:30~17:40シンポジウム、18:00~演奏会 
場所:東京大学 駒場キャンパス18号館ホール、およびコミュニケーション・プラザ北館(音楽実習室)

内容:【尹伊桑 生誕100年記念シンポジウム―尹伊桑の「同時代」?】(18号館ホール)
  1.徐京植(作家・東京経済大学教授):「尹伊桑と同時代」
  2.長木誠司(東京大学):「尹伊桑にとっての日本とドイツ」
  3.小野光子(武満徹研究):「尹伊桑と武満徹、および日本の作曲家」
  4.李京粉(ソウル大学校):「尹伊桑とアジア―尹伊桑の音楽世界におけるアジアの意味」
  5.金成玟(北海道大学):「検閲から考える尹伊桑と韓国」
  6.沼野雄司(桐朋学園大学):「1980年代以降の尹作品再検討―「退行」かポストモダニズムか、あるいは?―
  7.福中冬子(東京藝術大学):「音楽史はなにゆえ尹伊桑を必要としたか?」
  司会:長木誠司
 【演奏会「尹伊桑の室内楽」】(コミュニケーション・プラザ北館)
  プログラム:尹伊桑 《ピリ》 (1971)、《空間Ⅰ》(1992)、《インタールーディウムA》(1982)、《東西-ミニアチュール》 (1994)
  演奏者:石井智章(ob)/山根風仁(vc)/秋山友貴(pf)

■第47回定例研究会

日時:2017年10月7日(土)14:00~16:00
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス 第8校舎 811教室
司会:佐藤 望(慶應義塾大学)

内容:修士論文発表、研究発表

〈修士論文発表〉
1.覚意の『博士指口伝事』の研究
―五音博士の源流を探る―
デュラン、ステファン・アイソル(東京藝術大学大学院)

2.17世紀の音組織の様相
―アドリアーノ・バンキエーリの教会調を中心に―
松本彩友美(東京藝術大学大学院)

〈研究発表〉
フランツ・ベンダ(1709-1786)の協奏曲
―第1楽章における様式的同時代性および特殊性に関する考察―
田中伸明(レーゲンスブルク大学)

■第46回定例研究会

日時:2017年9月9日(土)13時半〜17時半 *開始・終了時刻ともに通常と異なりますのでご注意ください。
場所:東京大学 駒場キャンパス 18号館コラボレーションルーム1

内容:シンポジウム(企画:駒場ヴォイス・スタディーズ研究会、コーディネーター:堀内彩虹)
『歌声研究の現在と今後の展開可能性 ――自然/文化の境界的なものとしての声に着目して――』

【パネルディスカッション1:声とパフォーマンス】
 司会:岡野 宏(東京大学)
 パネリスト:
  新田孝行(早稲田大学オペラ/音楽劇研究所)
   「現代オペラ演出における歌声と人物の関係」
  堀内彩虹(東京大学)
   「身体的違和感を〈きく〉― 歌声聴取の 新たなかたち」
  子安ゆかり(武蔵野音楽大学)
   「歌手とピアニストのアンサンブルにおける 声の相互聴取のメカニズム」
  岡野真裕(立命館大学、ゲスト)
   「歌声への運動科学的アプローチにおける困難」

【パネルディスカッション2:声と技術】
 司会:堀内彩虹(東京大学)
 パネリスト:
  白井史人(日本学術振興会)
   「歌声の視聴覚的構成 ―オペラ・ミュージカル映画におけるその劇的機能」
  岡野 宏(東京大学)
   「機械としての 「声帯」 ― 「エオリアン・ハープ」との 類比的理解をめぐって」
  秋本径人(米山文明 呼吸と発声研究会、ゲスト)
   「声の視覚化―音カメラを使用した発声の伝播方式の映像化に関する研究」

コメンテーター:長木誠司(東京大学)

■第45回定例研究会

日時:2017年7月8日(土)13時半〜16時半
場所:青山学院大学 青山キャンパス 7号館2階720教室
司会:那須 輝彦(青山学院大学)

〈ワークショップ〉『ソルミゼーション理論の理解と実践』
宮崎 晴代(武蔵野音楽大学)、辻 康介(ゲスト、声楽家)



■第44回定例研究会

日時:2017年6月10日(土)14時〜17時
場所:桐朋学園大学 調布キャンパス 212号室
司会:沼野 雄司(桐朋学園大学)

  1. マーラー《交響曲第4番》の修正作業における「自己解釈」—指揮活動と作曲活動を通じて—
    内藤 眞帆(東京藝術大学大学院)
  2. 近現代の音楽から考える鑑賞教育の可能性
    小原 光織(弘前大学大学院)
  3. 能の「平ノリ」地拍子における実践研究—現行運用と拍の伸縮性を中心に—
    坂東 愛子(東京藝術大学大学院)
  4. 近代日本と博物館—音楽展示の構想と実践—
    高瀬 真邦(国際基督教大学大学院)
  5. 1910〜20年代ロシア・ソ連における「革新的音楽」の創作語法—先行者A. N. スクリャービンのN. A. ロースラヴェツへの「影響」を例に—
    山本 明尚(東京藝術大学大学院)


■第43回定例研究会

日時:2017年5月13日(土)14時〜17時
場所:青山学院大学 青山キャンパス 11号館3階 1134教室
司会:広瀬 大介(青山学院大学)

  1. 明治期東京音楽学校におけるオルガン演奏をめぐって
    千田 寧子(東京藝術大学大学院)
  2. 横浜、神戸、長崎における中華街と芸能―獅子舞と龍舞の伝承の実態とその役割―
    凉松 育子(国立音楽大学大学院)
  3. バイフとル・ジュヌの韻律音楽制作における意義
    砂川 巴奈歌(東京藝術大学大学院)
  4. 十九世紀の日本におけるバッハ受容史―新聞記事と未検証資料からの再考―
    クレッシ,トマス(東京藝術大学大学院)
  5. バッハ旧全集の成立とその校訂方針―1850年に刊行された関連テクストと作品の校訂プロセスから―
    藤田 瞳(東京藝術大学大学院)


2011〜2016年度 研究会開催記録

2016年度 第36回〜第42回

2015年度 第29回〜第35回

2014年度 第22回〜第28回

2013年度 第15回〜第21回

2012年度 第8回〜第14回

2011年度 第1回〜第7回

↑ PAGE TOP