今後の研究会


◎第60回定例研究会

 日時:2019年7月6日(土)14:00~17:00
 場所:国際基督教大学本館402号室
 司会:伊東 辰彦(国際基督教大学)
 内容:修士論文発表5件(以下は修士論文題目)

  1.『フレスコバルディの《カプリッチョ集》(1624)における掛留の使用について
    ――アフェクト表現との結びつき――』
   原 晶穂(東京藝術大学大学院)
  2.『C. W. グルックとウィーン宮廷劇場におけるオペラ・コミック導入』
   坂巻 彩華(慶應義塾大学大学院)
  3.『G.ヴェルディによる歌劇のシェーナにおける旋律の役割
    ――歌劇『シモン・ボッカネグラ』(1881)第1幕から3つの二重唱の分析――』
   林 いのり(お茶の水女子大学大学院)
  4.『オペラ実践についてのニューマンの音楽批評
    ――1920年代から1950年代のイギリスにおいて――』
   酒井 三緒(お茶の水女子大学大学院)
  5.『明治・大正期の日本におけるサン=サーンス受容――洋楽受容の新たな側面――』
   三輪 華加(明治学院大学大学院)

発表要旨はこちら



◎第61回定例研究会

 日時:2019年9月21日(土)14:00~16:30
 場所:玉川大学教育棟2014  606教室
    *小田急線・玉川学園前より徒歩5分。駅から見える正門前のギリシャ神殿風の校舎6階。エレベーターを降りてまっすぐ奥の教室。
 内容:渡辺 裕先生講演会(例会委員会企画)

◎第62回定例研究会

 日時:2019年12月14日(土)14:00開始予定
 場所:宮城教育大学
 内容:シンポジウム予定。ほかに研究発表募集中。

◎第63回定例研究会

 日時:2020年1月11日(土)14:00開始予定
 場所:青山学院大学青山キャンパス7号館720教室
 内容:研究発表等募集中

↑ PAGE TOP